オンラインカジノのドキュメンタリーは決して作られません

Text.

カジノウォーズ–ベガス

Text.

現代の驚異:ラスベガス

Text.

ラスベガスで金持ちになる

Text.

ラスベガスのピアーズモーガン

Text.

ハイローラーハイリスク

Text.

ラスベガス–ミラージュアウトウェスト

Text.

最新ニュース

カジノのドキュメンタリー

カジノ

ギャンブルの仕組みは、変革してきています。今日では、ギャンブルをしたいけれど、時間がないという場合でも、スマートフォンのロックを解除し、お金を賭けるだけで簡単にできます。これにより、ギャンブル産業は、ギャンブルが禁止されている、あるいは利用できない地域にまで、普及を進めることができました。この驚くべき構造は、ギャンブル産業に起こってきた発展や進歩からすると、言うまでもなく明らかなことです。日に日にさらなる技術が進歩していくことで、カジノ全般の発展に影響を与えます。カジノに焦点を当てたドキュメンタリーは注目に値し、取り上げていくべきものです。

ルイーズ・セロー (Louise Theroux) : ラスベガスのギャンブル

このドキュメンタリーは、映画製作の古典的な例です。ギャンブラーの日常生活が描かれていて、ルイーズ・セローという人物に焦点を当てています。ルイーズは、カジノ産業を取り巻く魅力について探るべく、ラスベカスへと旅立ちます。そこでは、カジノの従業員やカジノによく訪れるギャンブラーたちに話を聞いてまわります。このドキュメンタリーで描かれるルイーズは、ギャンブルの良い点・悪い点について取り上げます。また、ギャンブラーは、チャンスが低い場合ですら、ジャックポットに賭けたがります。そのように、ギャンブラーたちを駆り立てるもの一体何なのかについて詳しく教えてくれます。

アウト・オブ・ラック (運がなかった、Out of Luck)

アウト・オブ・ラック (運がなかった、Out of Luck)

2015 年に公開された、アウト・オブ・ラック (Out of Luck) は、宝くじに重点を置き、宝くじはカジノよりも重要だと考える。ドキュメンタリーによって、米国における宝くじ事業の様々な事実に光が当てられる。また、100 万以上のくじを買って、当然ながら破産した男性を特集する。

30 for 30 : ギリシャのジミーの伝説

このドキュメンタリーでは、ジミー・シュナイダー (Jimmiy Snyder) についてのお話です。彼は、NFLの試合の賭けを合法化するように働きかけた人物です。視聴者の観点からみたギャンブルについて触れています。

ギャンブル中毒と私 正真正銘のばくち打ち

このドキュメンタリーでは、とある父と息子の話を描いています。血縁関係の以外に、父と息子をつなぐ何かまた別のものがありました。アレクシス・コンラン (Alexis Conran) の父親は、ギャンブルをしてきましたが、その経験は決して良いものではありませんでした。ギャンブルで儲けたいが為に、詐欺を働き、刑務所に投獄されました。しかし、アレクシス自身は、分別のあるギャンブラーです。きちんと選択肢に比較検討し、道から外れてしまう危険性について完全に理解しています。作中では、アレクシスは、ギャンブル依存症の人やギャンブルの達人、友人たちと話し合います。そこでは、一体何がギャンブラーたちを、抑えがたいギャンブルの欲望へ導き、思慮のない行動へと駆り立てるのか、について突きとめていきます。

『至福を理解する』

『至福を理解する』:

2014年に製作された『至福を理解する』は、とあるギャンブル依存症の人物について取り上げています。彼女についてのお話と、一体どのようにして生活スタイルを管理していくかについて特集しています。名前はジョイ・W (Joy W.) といい、彼女は、ギャンブラーの多くが直面するさまざまな深刻な問題について、自身の考えをシェアしています。このドキュメンタリーは、あくまでも中立的な立場をとっているので、視聴者自身がそれぞれの憶測をすることができます。

まとめ:

映画と比べて、ドキュメンタリーは実話です。私たちの生活に影響を及ぼす可能性のある話を取り上げてくれます。ギャンブラーとカジノの生活を取り巻く魅力となると、外部から見えないものはたくさんあります。そうした見えにくいものを理解するには、ドキュメンタリーが最良の手段なのです。